しっかり治療して再発防止|本格シミ取りしたいなら皮膚科へレッツゴー!

本格シミ取りしたいなら皮膚科へレッツゴー!

しっかり治療して再発防止

足の裏

高い治療効果あり

足裏のガサガサした皮剥けや指の間の皮剥けを見つけると水虫だと思い、市販薬を購入して使い始める方もいらっしゃるようです。ところが、本当に水虫かどうかは皮膚科で検査してみないと分からないことです。水虫の原因は白蘚菌というカビです。ただ、もしかしたら、皮剥けの原因は他の皮膚病だった、ということもあり得ることです。特に病院にいく暇もない方は、市販の薬を使うことも少なくないようですが、そのような時でも、薬剤師に相談して購入してみると良さそうです。市販の水虫の薬は多く販売されていますが、その中でも効果が高いのは、ラノコナゾールのようです。この水虫薬の人気の理由は、様々な水虫のタイプに適応することです。カサカサやジュクジュクした症状にも効いて、固くなった角質にも浸透するので、しっかり殺菌してくれます。

症状にあうタイプを選ぶ

ただ、注意したいのは市販の水虫の薬で症状が改善すると、すぐに塗るのをやめてしまうことです。皮膚の表面がきれいに見えても、白蘚菌は完全に死滅していないことも多いようです。白蘚菌を完全に死滅させる為には、皮膚がきれいになってからも、その後2ヶ月から3ヶ月は水虫の薬を使用する必要がありそうです。また、白蘚菌は広がっている可能性が高いので、皮膚がめくれている部分やカサカサした部分だけでなく、足裏や指の間など全体に塗っておくと良さそうです。このように、自分の判断で完治したとなかなか思えないのが水虫です。症状の改善が難しい時や再発した場合なども、早めに皮膚科で受診するのが大切です。そして爪水虫が疑われる時は、外用薬が効きにくく、飲み薬が必要かもしれません。皮膚科で症状にあう薬を処方してもらうと良さそうです。